takahiro.today

とりあえずやってみたことを掲載

CentOS IT

CentOSのファイルサーバが起動しない

投稿日:2014年10月30日 更新日:

事務所にあるファイルサーバの一つが起動しなくなっていた。
仲間から「ファイルが閲覧できないよ~」と指摘を受けて調査したところ、確かにアクセスできない状態だった。
ちなみにファイルサーバは CentOS6.5 で運用している。

CentOS6.6

先日CentOS6.6がリリースされて、このサーバもアップデートされていたようだ。
運用って意味じゃそれほど重要なサーバではなかったんだけど、いろいろなテストを行うようなサーバに、いつの日かファイルが貯まり、それを共有したいということから、ゴミだかなんだかわからないものを含め、共有ファイルサーバになった感じ。
そんな流れから、アップデートも検証など行わず、かなりアバウトに運用していたんだな。
まぁメインじゃないから良いんだけど、使えなきゃ使えないで不便なわけで。。。。

モニタをつなげて確認

まずサーバ筐体の近くにいき、モニターを接続して確認すると、写真のような文字が画面に出力されていた。カーネルパニクね~。よくわからんな。

Kernel panic - not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0)

Kernel panic

いろいろ検索してみると、以下の情報が目に止まった。
SELinuxを無効にしたらカーネルパニック

手順に沿って作業を行ったが、やはり同じ画面。
うまく起動してくれないようだ。
はてどうしたものか・・・。

とりあえずカーネルを変更

ちょっと詳しくはわからないけど、Kernel Panic ということじゃカーネルを変更してみようと考え、以下GRUBの選択画面からカーネルを変更して起動すると、無事にCentOSが起動した。ってことは /etc/grub.conf を変更すればとりあえず問題なく運用出来る感じかな。

CentOS カーネル選択

/etc/grub.conf を編集

以下コマンドでファイルを開き、default=0 を default=1 に変更。
default = 1 は、一番最初のカーネルじゃなくて次のやつを選択するって意味ね。

vi /etc/grub.conf

これでとりあえず再起動しても問題ないんだけど、このまま放っておくのもアレだよなぁ。
また近いうちに調べてみよう~っと。

-CentOS, IT
-,

執筆者:

関連記事

サーバがクラッシュ?

借りているレンタルサーバの一つに、ソフトウェアをインストールした。 CentOSに phpmyadmin を yum を使ってインストールしたのだ。 # yum install phpmyadmin …

ubuntu 14.04 LTS で EP-802A を使いたい

以前の『通常利用のPC』で、ubuntuを通常業務で利用するには敷居が高いとかなんとか言っていたけど、やっぱり使いたかったのだ。 Windows、起動も終了も遅すぎてイライラしたんだよね〜。開発環境も …

PR-400NEの設定と内向きDNSの設定

いろいろと事務所でテストを行うのに、内向きのDNSがあると非常に便利だったりする。 簡単なテストだったり、勉強中なものを練習したりね。 小さな小さな事務所なので、一般家庭と同じフレッツ光を契約している …

モバイルバッテリーでRaspberry Piを動かす

Raspberry Pi をモバイルバッテリーでどのくらい動かせるのかテストしました。 全然厳密なものじゃなく、ざっくりと以下のような条件で計測しした。 ざっくりとイメージできれば良かったんだよー。 …

通常利用のPCをWindowsからUbuntuへ

Windowsのアップデートが遅くて、アップデートしてるのかフリーズしてるのかわからない状態が続いて、イライラしたわけね。 最近だとWindowsに期待ができなくなっていたし、Linuxサーバを仕事で …