takahiro.today

とりあえずやってみたことを掲載

IT Ubuntu

PR-400NEの設定と内向きDNSの設定

投稿日:2015年5月04日 更新日:

いろいろと事務所でテストを行うのに、内向きのDNSがあると非常に便利だったりする。
簡単なテストだったり、勉強中なものを練習したりね。

小さな小さな事務所なので、一般家庭と同じフレッツ光を契約しているのだけど、このルーターがちょっとわからなかった。
ルーターはPR-400NEだ。
ルーターの設定と併せて、内向きDNSを設定してみることにした。

環境

  • ルーターはPR-400NE
  • DNSサーバとWebサーバは同じPC
  • DNS、WebサーバのOSはUbuntu
  • ルーターは192.168.22.1
  • DNS、Webサーバは192.168.22.4
  • ローカルドメインはtest.local
  • ネットワークは図のような感じ

PR-400NEの設定

IPv4の場合はちょっと癖があるみたい。

DNS設定

LAN側のDNSサーバアドレスを設定します。
【詳細設定】->【DNS設定】

「プライマリDNS」にDNS、Webサーバのアドレスを入力。
「192.168.22.4」となるね。

ページ最下部の「設定」をクリックしておきます。

1

静的ルーティング設定

静的ルーティングエントリを設定します。
【詳細設定】->【静的ルーティング設定】

適当なエントリ番号の「編集」をクリックして、詳細画面に移動します。
何もないから「01」をクリックしておきます。
2

静的ルーティング設定 エントリ編集

静的ルーティングエントリを設定します。
【詳細設定】->【静的ルーティング設定】->【エントリ編集】

以下のような感じに入力すれば問題ないかね。

  • 指定方法: 宛先ドメイン名指定
  • 宛先ドメイン名: *.test.local
  • インターフェース: LAN側
  • ゲートウェイ: 192.168.22.1

ページ最下部の「設定」をクリックしておきます。

3

再び静的ルーティング設定

「エントリ番号」にチェックを入れて、ページ最下部の「設定」をクリックしておきます。

そして、画面左の「保存」をクリックして反映しておきます。
4

内向きDNSの設定

UbuntuでDNSサーバを構築します。
以下ページを参考に作業をしました。
ほとんどそのままなんだけど、多少違いがあったのでまとめてみます。
自宅LANで内向きDNSを構築

bind9のインストール

# apt-get install bind9

ゾーンファイルを追加

「/etc/bind/name.conf.local」に設定を読み込むようにする。
「/etc/bind/name.conf.local」を以下のように設定する。

//
// Do any local configuration here
//

// Consider adding the 1918 zones here, if they are not used in your
// organization
//include "/etc/bind/zones.rfc1918";

include "/etc/bind/zones.test"; // 追記
「/etc/bind/zones.test」を作成。

zone "22.168.192.in-addr.arpa" {
  type master;
  file "/etc/bind/db.22.168.192";
};

zone "test.local" {
  type master;
  file "/etc/bind/db.test.local";
};
「/etc/bind/db.test.local」を作成。

$TTL    86400
@       IN      SOA     test.local. root.localhost. (
                         150501         ; Serial
                         604800         ; Refresh
                          86400         ; Retry
                        2419200         ; Expire
                         604800 )       ; Negative Cache TTL
;
        IN      NS      db
db      IN      A       192.168.22.4
www     IN      A       192.168.22.4
router  IN      A       192.168.22.1
「/etc/bind/db.22.168.192」を作成。

$TTL    86400
@       IN      SOA     db.test.local. root.localhost. (
                         150501         ; Serial
                         604800         ; Refresh
                          86400         ; Retry
                        2419200         ; Expire
                         604800 )       ; Negative Cache TTL
;
@       IN      NS      db.test.local.
1       IN      PTR     router.test.local.
4       IN      PTR     db.test.local.
4       IN      PTR     www.test.local.
bind9を再起動して作業は完了です。

# /etc/init.d/bind9 restart

まとめ

簡単に設定できました。
これでどんなテストでも迷惑をかけずに、事務所内でみんなでワイワイとテストができます。

自宅LANで内向きDNSを構築 が本当に良くできていて助かりました。

内容に問題があったら(パクリじゃねーかとか、間違えているじゃねーかとか)ご指摘をお願いいたします。

-IT, Ubuntu
-, ,

執筆者:

関連記事

Raspberry Pi で無線LAN

電子工作に憧れて、いろいろ参考にしながら遊んでいるわけだけど、LANケーブルがとても邪魔に感じる瞬間ってあるんだよね。 LANケーブルが届かなかったり、LANケーブルの重さで傾いたり台から落ちたり・・ …

通常利用のPCをWindowsからUbuntuへ

Windowsのアップデートが遅くて、アップデートしてるのかフリーズしてるのかわからない状態が続いて、イライラしたわけね。 最近だとWindowsに期待ができなくなっていたし、Linuxサーバを仕事で …

Rasbperry PiをVNCで遠隔操作

カメラモジュールとかを設置すると、やっぱり遠隔でその画面が見たかったりするのだ。 監視カメラとして撮影したたくさんのファイルは、もう保存しているからどうにでも確認できるけど、「今まさに見たい」ってタイ …

DCモーターの動作を覚えた

DCモーターをArduinoで動かしてみる。 を参考に、DCモーターの制御をやってみた。 電源は秋月電子通商で購入したブレッドボード用マイクロBメスUSBコネクタDIP化キットを使った。 よくギターの …

モバイルバッテリーでRaspberry Piを動かす

Raspberry Pi をモバイルバッテリーでどのくらい動かせるのかテストしました。 全然厳密なものじゃなく、ざっくりと以下のような条件で計測しした。 ざっくりとイメージできれば良かったんだよー。 …